スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
にい散歩 …すいません
来る時がきました。


機械というのは寿命があるわけで…

携帯電話って、普段は便利なのに、ちょっと故障しただけで、死んでしまう。。。
悲しいです。


今日も、充電が出来なくなってしまったので、携帯ショップに行きました。

『修理という形ですと、約十日間預かります。データは全部消えてしまいますがよろしいですか?』




……………

…ガーン…………



簡単に言っているショップの店員の首をしめたくなるくらい、胸から何かが込み上げてきた。

『何とかならないんですか?』

と聞くと、

『充電が残り少ないので無理でしょう』


末期ガンと医者に診断されたら、こんな気持ちの更に上をいく憤りを感じるのであろう。。。


…どうしようもない。




残り少ないバッテリーで代わりの携帯に電話帳だけ赤外線で取り入れる事になった。

ドキドキ……

バッテリーが切れたら全てがアウト。。。



…なのに、店員は携帯を開いたままにしたり、何度もパカパカさせて…
『これで充電なくなったら、絶対こいつタダじゃすまさん』
と、ぶちギレ寸前。


…………何とか電話帳だけでも助かり、少しホッとした。




…なんで、にい散歩した写真なんかが全て消えました。

あと、十日分は書ける写真があったのに。。。


また、歩きます。



にい散歩………
| 浪漫狂 | 仁井 基明 | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:44 | - | - | -









http://romankyoblog.jugem.jp/trackback/696